ブラジル国サンパウロ市

歴史、信望、威信。1970年以来。

Doutora Oyamaブランドは、長い歴史、厚い信望及び高い名声を有します。1970年に創立された、ブラジルの初で最も伝統的なマッサージ施設です。一人ひとりに行き届いた、他にはない特別なサービスを求める男性に最適な選択肢です。当店は、創設者によって開発され、美しいマッサージ師によって施術されるリラクゼーションとアンチストレス療法のベストオプションをご提供いたします。

当店の環境は、気品、優雅さと紛れもないスタイ ルを集める洗練された建築設計において、安らぎとウェルビーイングを提供いたします。壮大な施設に加え、受付スタッフの特別配慮と治療法の施術における卓越した技術によって、ユニークで忘れられない体験を保証いたします。

モダンで居心地の良い当店のお部屋はそれぞれ繊細なディテールまで快適さを提供するように設計されています。その内の2部屋は、治療効果の入浴のために特別用意されています:ピンクシダーのお風呂を整備したものと、コンピュータ化されたイタリアのスパを完備したお部屋。

本格的で信頼性の高いDoutora Oyamaマッサージ院は、1970年以来、お客様のコースに最適な体制を提供しております!

厳密な審査を経て慎重に訓練を受けたスタッフにより、当店はサービスの高い基準を維持する卓越性を保証いたします。当店のスペシャリストは最高の心地よさを提供し、美しさと優雅さで他社と差別化をしています。Doutora Oyamaマッサージ院では、ブラジルの最高のマッサージ師がご利用いただけます。 

“「巧みなマッサージ術の偉大なブラジル人スタ” ー Newton Ribeiro

完全な体験は最良のインフラから始まります。

お客様に当店のサービスを最大限に満喫していただくために、完璧な快適さと安全性。
http://doutoraoyama.com.br/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/arrows_shower-3.svg
高圧シャワー

良いコースを補足する最も大事な項目のひとつ。当店のシャワーはリラックスさせ、元気を出す効果があります。

http://doutoraoyama.com.br/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/music_note_multiple.svg
音楽選び

より充実した体験を提供するために、全時代のベストヒットを選びました。

http://doutoraoyama.com.br/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/maca.svg
上質の寝具・タオル

300本綿系のエジプトコットンのシーツとふわふわのタオル:細部まで追求した快適さ。

http://doutoraoyama.com.br/wp-content/themes/salient/css/fonts/svg/motorista.svg
警備員と駐車係員付きの駐車場

お客様にマッサージコースを楽しんでいただくために、安心と利便性。

感覚

リラックスマッサージコースは、緊張感、筋肉痛とストレスを和らげることを目的とします。圧力をかけることによって、血行を促進し、リンパ系、神経系及び循環系に作用します。目的は、身体と精 神の深いリラクゼーションを通じて、落ち着かせ、刺激し、デトックスをすることです。

70分コース。

東洋古来の真の喜びであるピンクシダーのお風呂の入浴コースは、地球の最も有名なリゾート地に類似した利点を提供します:リラクゼーションと快適さ。

120分コース。

治療的な入浴は感覚を鋭くし、リラックス感を高めます。リラックスマッサージに続くコンピュータ化されたイタリアのスパでの元気の出る入浴をご堪能ください。パーソナライズした対応をお約束いたします:気品と洗練さを求めるお客様に最適です。

120分コース。

サービス中のウェルビーイング感を高めるために、二人のセラピストが同時に活躍し、マッサージの利点を更に増し、感覚を心地よく刺激するリラックスマッサージコース。

90分コース。

創設者の言葉
歴史
プラン及び料金

住所:

Rua dos Otonis, 694
Vila Mariana – São Paulo/SP
04025-002 – Brasil

対応時間:

DayFromTo
Monday11h0021h30
Tuesday11h0021h30
Wednesday11h0021h30
Thursday11h0021h30
Friday11h0021h30
Saturday12h0020h00
SundayCloseClose

「女性の美しさはアンチストレスです。女性の手のタッチはほぼ神のタッチです。」 ―ニュートン・ヒベイロ